mmf-jp-膝の人工関節

膝の人工関節・人工関節置換術について

◆膝の人工関節

◆膝の人工関節について

 高齢化社会への変換に伴い、関節内の軟骨の磨耗による関節障害を発症する患者が近年急速的に増えてきております。

 関節障害は基本的に保存療法という、日常生活の改善から治療を開始していきます。

 しかし、関節障害の多くは進行性障害であるのが現状です。

 進行性障害とは、現状の維持、もしくは悪化を辿る障害をあらわします。

 そんな中、近年、医療技術の進展に伴い人工関節を導入する患者が大変増えてきております。

◆膝の関節障害・変形性膝関節症

 膝の関節障害の代表として、変形性膝関節症があります。

 この変形性膝関節症とは、膝の内部の軟骨が長年の磨耗により消耗し、骨と骨が直接ぶつかる際に、激しい痛みを生じる膝の関節障害です。

 痛みをかばうあまり、片足に体重を乗せることが増え、また姿勢によって一方側の骨が変形してしまうのがこの障害の特徴です。

 女性に多く発症する生涯ですが、近年この変形性膝関節症の治療方法として人工関節置換術が注目を集めております。

◆膝の人工関節~TKA~

 膝の人工関節には現在2種類の人工関節があります。

 そのうちのひとつがTKAと呼ばれる人工関節です。

 TKAは、膝の関節を全て人工関節に置き換える場合に用いられます。

 症状が重い場合はTKAが主流となります。

◆膝の人工関節~UKA~

 膝の人工関節のもうひとつはUKAと呼ばれる人工関節です。

 UKAは、膝の内側、もしくは外側一方だけの症状の場合に用いられます。

 TKAと比較して、手術時の切開部分が小さくてすむため、術後の回復が早い点が利点といえます。

◆保水力・保水量とは?

 ある成分が水分を保有できる能力のこと。

 膝関節の障害のサプリメントで有名になったヒアルロン酸。

 このヒアルロン酸の保水力は、ヒアルロン酸単体分子の6000倍にも上る保水量を保持する。

◆減り続ける関節内の潤滑液

 体内のヒアルロン酸は出生の瞬間が最も多いということが研究で明らかになっている。

 赤ちゃんが転倒などをしても大きな怪我にいたらないことが多いのは、これらの体内の潤滑液が豊富にあることもひとつの要因として考えられている。

 出生後、母体から出てきた乳児は成長するにつれてこのヒアルロン酸の体内比重は徐々に低下し、何と成人期には約3分の1以下にまで低下する。

 食品やサプリメントなどからヒアルロン酸を摂取する習慣が慣習化してきたのはこのような研究結果の背景がある。

◆関節障害は圧倒的に女性に多く発症する

 関節の変形をもたらす疾患の代表ともいえる、変形性膝関節症や変形性股関節症。

 これらの疾患を発症する方の大半は女性。

 統計的には7割以上は女性であり、リウマチ系の関節障害も圧倒的に女性に発症が多い。

 更年期を迎えると女性の体は赤ちゃんを産むという大事な役目を終了し、女性ホルモンの分泌が低下する。

 このホルモンの大きな変動が関節障害の発症確立の違いに関与していると考えられている。

◆弾力性に富む軟骨

 軟骨とは骨と骨の間にあるクッションの役割をする組織。

 鳥軟骨を食べたことがある方はわかると思うがコリコリして若干柔らかい食感。

 しかし決してやわらかずぎるわけではない。

 この不思議な性質を持っているものが軟骨である。

 軟骨はコラーゲンやコンドロイチンといった弾力性に富む成分を主成分として合成されている。

 これらの成分を取り入れることで骨と骨の直接の接触を起こさないように配置されている。

 しかし、これらの軟骨が磨り減ったり、割れたりすると関節に痛みを伴うようになってくる。

 関節障害の多くは、この軟骨組織の低下や減少が要因となっているケースが非常に多い。